ハッシュタグ「#水燈路」入力のコツ

ハッシュタグ入力のコツ

ハッシュタグの入力アドバイス

ハッシュタグ自体は非常に簡単な仕組みで、投稿時に「#(シャープ)」をキーワードの前に付けるだけなのですが、SNSの投稿を見ていると、ハッシュタグとして機能しないケースをたまに見かけます。

この記事では、ハッシュタグ入力のコツを紹介します。

ハッシュタグ入力の基本的な注意点

「#」は英数半角で入力する

「#(シャープ)」を全角で入力してあるケースを見かけます。割と多い間違いです。全角#ではハッシュタグとして機能しません。

「#(シャープ)」の前に半角スペースを入力する

  • ◯「水燈路に行ってきました! #水燈路」
  • ×「水燈路に行ってきました!#水燈路」

◯と×の違いがわかるでしょうか?

ハッシュタグとして正しく機能するのは、#の前に半角スペースを入れることです。

これを忘れると、文章の中の言葉として認識されてしまい、ハッシュタグとして機能しません。シャープの前の半角スペースはくれぐれもお忘れなく。

ハッシュタグは文末に配置する

ハッシュタグの基本形(SNS側でリンクとして認識される文法)は、次の通りです。

  • 「(半角スペース)#キーワード(半角スペース)」
  • 文末に配置した場合、後ろ側の半角スペースは不要

必ず文末にハッシュタグを配置する必要はないのですが、「文末に配置する」と覚えておけば、後ろ側の半角スペースを打ち忘れる、というミスがありません。

固有名詞は単語登録しておく

「水燈路(すいとうろ)」のような固有名詞は、スマートフォンの初期設定のままでは変換できないことが多いです。

ほとんどのスマホには単語登録機能が付いています。よく使う固有名詞は単語登録しておくと良いでしょう。

ちなみに、よく間違われますが、

  • ◯「水燈路」
  • ×「水灯路」
  • ×「水燈籠」

ですのでご注意ください。

「水の都のお堀端に行灯を並べる光のイベント」ということから「水燈路」と名付けられました。並べるのは燈籠(とうろう)ではなく、行灯(あんどん)です。言葉の響きから、お盆の「燈籠流し」と混同しておられる方も多いようです。

みんなで作る水燈路写真集

松江水燈路の公認ハッシュタグ「#水燈路」に投稿された皆さんの写真は、いわば「みんなで作る水燈路写真集」。

素敵な写真の投稿を楽しみにしています

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

豅 純吾(ながたに じゅんご)

広報チームメンバー。このサイトのデザインを担当。
写真撮影・SNS・フライヤーデザインなど、チーム水燈路の広報活動を行なっています。
松江市石橋町・順光寺の住職。

LINE@

チーム水燈路からの情報をLINEでお届けします。

(登録にはLINEアカウントが必要です)